口を閉じた魚
a0155674_20481468.jpg



つめたくて

炎 のように 燃えている


きみ と

話ができたら

いいのにな



a0155674_2111248.jpg

[PR]
# by alwarc | 2011-09-11 20:22
いつかの 遠い耳
a0155674_524892.jpg


はなす 声 も 好きで



まだ 溶けて


かたまった まま の 耳




近くの音 は 遠くて



夏の雲 も


遠ざかる




あぁ


おじいちゃん や

おばあちゃんに なったら さ



きっと ひとり


ゆっくり と


いままで を ふりかえる




耳が 遠くなるのは


そのため かな




そのとき


きみの声


おぼえていられますように




なんどで も ききたい


いま



a0155674_5243351.jpg

[PR]
# by alwarc | 2011-09-03 06:01
声 夢



呼吸 するように


吸った 息 が

からだ と 心 を通り


声 となって



一本の 筒 のような


見えないその 中 を


くぐる



目 を 閉じて


祈るように




言葉 と 旋律

巡 り あ い



1フレーズ

聴いたなら



くるり と

身を 翻し



風 になって


海 山 こえる



夢 を みる
[PR]
# by alwarc | 2011-08-24 00:37
夏 風 色
a0155674_151033.jpg




マッチに火をつけ 蝋燭に火を灯すとき

本を書いた人の声に 耳 澄ますとき

絵を描くとき

ひとりぼっちの音楽 聴いているとき

きみのこと 想い出すとき


私は しあわせに ひとりになる



- - - - - - - - - - - - - - -

食べ物や生き物のエネルギーの集合体(オーラ)が見える女の子の話を聞きました

こうちゃん という子

(勝手に光ちゃんと思っている)

スーパーへ行けないそうです

特に豚肉のところ

豚は頭がいいので

うらみ のようなものが強いからだそうです

それから

生のもの(火を通していない 生きているもの)を食べることは

後光が差すみたいに光って見えるから

「いいに決まってる!」

んだって

- - - - - - - - - - - - - - -


1月くらいに阿佐ヶ谷住宅の取り壊しが決まったそうです

どうしてもいやだ

あんなに人と自然のバランスのいいところはないのに

古くても 直してまた使えるのに

どうして人は同じことをくり返すんだろう

どうにもできない私が何を言っても仕方がないけど

どうしてもいやだ


せめて最後になにかいいイベントや展示なんかができたらいいなぁ




ー阿佐ヶ谷住宅を設計した建築士 前川國男さんの言葉ー


時勢も変われば人間も変わるとは 大方の通説であります。

にもかかわらず人間が人間である限りにおいて

変わらぬ面もあるはずだというのが私達の信条であります。       

宇宙の混沌から「生命」が誕生してこのかた、辿られた「生命」の進化と

「人間の命運」を見究めて、建築における変わるものと変わらぬものとの

確実な判断の上に私達の仕事を積み重ねてゆきたいと念願する次第であります。



1970年9月    前川國男


a0155674_1464041.jpg




[PR]
# by alwarc | 2011-07-11 01:50
110621
a0155674_093139.jpg


さっきの 風が

ふくらませていきました
[PR]
# by alwarc | 2011-06-22 01:06
かく と しん


a0155674_0112484.jpg



絶対 なんてないって

いつも どこか 思ってる


正しさ も

人の心の中にあるから

見えないけど


そんな気がする

っていう

説明のつかない 根拠のない気持ちは

いつも 信じられるの なんでかな



本当のことは

根拠も説明も たくさんいらないから

いつもシンプルで

わかりやすい



自然の中で

人は

お邪魔します と 言いながら

暮らして

死んでゆくものなのだよね

そして 自然に還ってゆくのよね


そんな気がするのだけど


どうして

人間の方が勝っているみたいに

万が一を考えずに

自然の力をみくびっていたのか


今となっては理解ができないけれど


そんなことも知らずに過ごしていた

自分も また 同罪だ
[PR]
# by alwarc | 2011-05-30 01:34
夕闇
a0155674_0504976.jpg



時を まぜる

ピアノの音

湯船のお湯に 溶けて



透明なちょうちょを

つかまえるように


絵を 描(えが)く



藍色の 空


何色でもない星が

かがやいている



いつのかも

わからない光を

見ている

a0155674_144455.jpg

[PR]
# by alwarc | 2011-04-07 00:58



こぼれおちていくものを 少しだけ拾いあつめてみる
by alwarc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31